キャリアアップ

職人の仕事

創互スチールでの仕事は、ビルやマンション等、鉄筋RC造建築物を建てる時に最も重要となる、柱の骨組みを作る仕事です。運ばれてきた鉄筋を受け取り、形状に合わせて結束や組み立てを行います。

手先の作業を習得すると、材料の選択・加工方法・配筋基準に沿った組み立てを行うための技能・知識が要求されます。更に、工事着手前の施工計画から携わり、施工図の作成・施工方法の改善・他職種の職人と工程調整を行ったりする等、仕事の幅を広げていく事で職人として成長していきます。

職人の仕事

ステップアップ例

手元作業員

手元作業員

未経験で入社された方はここからスタートします。“手元”とは、建築現場での用語で「手伝い」を意味します。しかし、ただ単に手伝いだけをするのではなく、先輩職人の仕事をみて基礎的な作業内容と技能を勉強させてもらうという目的があります。仕事を学びつつ、社会人としての自覚を養う時期でもあります。

現場責任者

現場責任者

基礎的な作業内容と技能を習得し、責任を持って作業を行えるようになれば、次は現場責任者をお任せします。自分に割り当てられた作業をこなしながら、現場で働く作業者の指揮と管理をします。場合によっては年齢が上の作業者に指示したり、他の施工業者と調整したりすることもあります。

作業リーダー

自分に割り当てられた作業をこなしながら、複数の現場を並行して管理する役割が作業リーダーです。各現場の現場責任者からあがってくる課題や相談事を共に解決し、複数の現場で円滑に作業が進むように気を配ります。時にはトラブルを解決したり、事故対応をしたり、責任のある役割です。

現場管理者

創互スチールで請け負っている案件すべてを管理する、現場の責任者、職人を束ねるリーダーです。各現場、各チームでの作業が遅れることなくスケジュール通りにこなせるように陰に日向に管理し、気を配ります。現場に関わる他社管理者や創互スチールの経営陣ともコミュニケーションをとり、安全に現場作業が完了する責任を持ちます。

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

TEL042-980-7586